テレワーク やってみたら こうなった

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。

2020年3月、全体会議での社長の一言から突然始まったテレワーク。  2週間実施して感じたことを記します。


私自身は、テレワークを始める前に次の3つの不安がありました。
(1)自宅環境でテレワークができるか
(2)自己管理ができるか
(3)対面コミュニケーションなしで業務が進むのか

トータルで2週間ほどのテレワーク期間でしたが、
私個人の結論としては(1)の影響が大きかったように思います。

結果的に、開始1週目は自宅でテレワークを行いましたが、
後半は会社に出社して業務を行っていました。

(1)自宅環境

自宅には仕事用の机や椅子がありません。
スタートして1~2日は、ソファーとコーヒーテーブルで業務をしていました。
最初は新鮮でしたが、だんだんと思うように集中できなくなります。
最終的には、キッチンのカウンターにPCを置き、立って仕事してました。

結局、前半1週間のテレワークを終えたところで、
私の場合、現状の自宅環境で仕事は難しいな、と感じ
後半の1週間は出勤を選択しました。

ただ、テレワークのよい面もあります。
私が感じた最大のメリットは勤時間から解放されることです。

その分2時間程度を家事や趣味などに回せるので、
テレワークをやった週は1週間の時間配分が今までと全く違い、
本当に充実していました。

(2)自己管理ができるか

私はぐうたらな人間です。
なので、「ずるずる/ダラダラと仕事することになりそうじゃ」
と全く自分を信用していませんでした。

この辺りは会社もわかっているのでしょう。
テレワーク実施ルールのおかげで、心配したほど
ずるずる/ダラダラと仕事することはありませんでした。

具体的にどんな会社のルールかといいますと、
業務予定と結果を毎日報告、共有するもので、
社内では通称「朝メール、夜メール」と呼んでいます。

実はこの「朝メール、夜メール」は、弊社ではテレワーク前から
(私が入社する前なので7年以上前!)からずっと運用していましたが
今回のテレワークを機に、フォーマットや記入ルールをを改めて統一しました。

朝メール・夜メールの一部をご紹介

運用を仕切り直ししたことで、個々人の1日の業務がより見える化されます。
私はぐうたらではありますが、業務報告で嘘はつけないので
朝のメールの予定通りちゃんとやってました。

(3)対面コミュニケーションなしで業務が進むのか

こちらも、ツールがきちんと用意されていれば、
多少の不便さはあるものの業務遂行に支障はありませんでした。

弊社では、チャットシステム、携帯、web会議システムが利用できますが、
ほぼ、チャットでやり取りし、込み入った内容は電話でやり取りしました。

社内間ではお互いに、「対面ではないコミュニケーションをしている」という
意識があるので、できるだけ明確に話す、明確に書くを意識していたように感じます。
もちろん、自分もそのように意識していました。

また、顧客との打合せに私だけWeb会議で参加することになりましたが
タイミングを見ながらこちらにも話を振ってくれたり、
「こちらの質問は2つあります」と前置きするなど
お互いに相手の状況を確認しながら進めていましたので
会議自体はスムーズでした。

やってみたらこうなった、まとめてみると

当初不安に思っていた3つのうち、2つは
会社のルールやしくみ、システムツールで十分カバーできたのではないかと思います。

ただ、わたしの場合、自宅環境が追い付かなかったことで
最終的には、途中で会社出勤を選択してしまいました。
が、改善ありきでテレワーク社内推進したいです。

個人の改善としては、
・自宅環境の見直し(会社補助あると嬉しい)
・週2~3回までテレワーク
であれば、テレワークのメリットを得つつ自宅でも集中できると見込んでいます。

何より、通勤時間を短縮するだけで、こんなにも精神的、肉体的に
楽なんだということがわかりました。

こういう機会に、思い切って会社全体でチャレンジしたことは
良い経験になったとおもいます。

朝メール夜メールは、働き方改革コンサルティングでも、
最初の施策としてお客様にご紹介しています。
ご興味ある方は、お問合せください。


最後に書ききれなかった感想

・会話のスピードでブラインドタッチができるようになりたい。
・夕方16時くらいから、翳りゆく部屋で孤独を感じる。(独り者限定)
⇒お子様がいらっしゃるとこの時間から騒がしくなるそうです(笑)

The following two tabs change content below.
【退職金・企業年金コンサルティングサービス担当】 新規制度構築だけでなく,企業年金制度を使った退職金制度の見直し支援をしています。長年DC投資教育に携わり,気付けば200社以上の講師実績を持っていました。退職金や企業年金に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

働き方改革・人事制度に関するご相談は

  • 当社は、賃金・報酬制度、退職金・企業年金制度、社宅制度などの様々な企業の制度設計コンサルティングだけではなく、業務改善、評価制度、社員教育、RPA、AI-OCRなど働き方改革を支援しております。人事分野でお困りなことがございましたら、ご相談ください。

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
       

03-4530-6033)

  • 資料請求
  •          
  • セミナーへのご参加