同一労働同一賃金制度について(3)

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。

2016年12月20日に、「働き方改革実現会議」において
政府案として提示されたものが「同一労働同一賃金ガイドライン」です。
正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の改善を
目指すために策定されました。

その後、関係者の意見や改正法案についての国会審議などを踏まえ、
「短時間・有期雇用労働者及び派遣労働者に対する不合理な待遇の
禁止等に関する指針」として2018年12月28日に公布・告示されています。

(参考)厚生労働省/同一労働同一賃金ガイドライン

同一労働同一賃金ガイドラインについては、こちらのサイトで詳しく
説明されていますのでご参考にしてください。

【関連】「同一労働同一賃金ガイドライン」の目的や内容、問題点について解説/BizHint

同一労働同一賃金ガイドライン案は、関係法が施行される2020年4月1日以降に
正式に施行される見込みですが、それまでに適切な対応が出来るように準備が必要ですね。

The following two tabs change content below.
投稿者アバター
【バックオフィス担当】データ管理やシステム開発、総務全般ど幅広くバックオフィス系の業務を担当しています。 現在は業務・オフィス改善に注力しています。

働き方改革・人事制度に関するご相談は

  • 当社は、賃金・報酬制度、退職金・企業年金制度、社宅制度等の企業の制度設計コンサルティングだけではなく、業務改善、評価制度、社員教育、SDGs、RPA、AI-OCRなど働き方改革を支援しております。人事分野でお困りなことがございましたら、ご相談ください。

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。