テレワーク体験レポート 〜 取締役Sの場合 〜

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。

コロナウィルスの影響は社会にも甚大な影響を与えていますが、皆さんの会社ではテレワーク、リモートワーク、在宅勤務などは、どの程度、実施されていますでしょうか?ニュースでは、各社の取り組みが大きく取り上げられることもあり、やっと新しい働き方に強制的になるのか、と期待される部分もあるようです。

そんな中、私たちのテレワークは、2020年2月25日に決定し、26日から始め、これまで1ヶ月間のうち、約3週間をテレワークにしました。今週は出社勤務に変更していますが、このまま東京の感染者数が増加していく場合や、急激な感染拡大、近い場所での感染発生などがあれば、またすぐにでもテレワークも再開する予定です。

(*なぜ、そのまま継続していないかも、素直な感想としてあとで記載します)

一方、ここ1ヶ月ほどの間に、お取引先などとのやりとりの中で、直接で電話や打ち合わせで聞いてみた感触では、実際にテレワークをされている会社は10%程度なのではないでしょうか。

引用:東京都新型コロナウィルス感染症対策サイト

https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp

自社の情報

  • 人事福利厚生コンサルティング企業
  • 組織人事&福利厚生、働き方改革&DX、教育&研修の3領域で提供
  • 基本的にはコンサルティングかアドバイザリー業務(社宅等はサービス運用も受託))
  • 会社自体は11時-15時コアタイムのフレックス
  • 評価制度は、コンピテンシー系の行動評価とMBO系の成果評価の混合で、Q単位で設定
  • 連絡ツールの普段の利用は「chatwork>Eメール>サイボウズメール>電話」の順
  • 座席は固定で、リモートオフィスはなし
  • 東京都内の大規模駅側、高層ビル内にあり、同フロアには数百人単位の人が勤務
  • 10年前からスタートアップで、取引先は平均従業員300名以上の規模に
  • 人員は中途採用が大部分で、経営陣含めて万人単位の大企業出身者も多い

自分の仕事の属性

  • 会社役員
  • 普段から外出と内勤は50%ずつくらい
  • 全事業領域の、企画、営業、コンサルティングフェーズを担当

テレワークのルール設定(従業員用)

  • 対象期間は全日、全時間帯
  • 在宅勤務を推奨(カフェ等はなし)
  • 勤務時間は通常と同じフレックスタイム
  • 出退勤はchatworkに申請

1. 快適な空間が作れるか

2. 紙の決済は必要か

3. 作業時間を計測して、管理できるか

4.休憩が多くなりすぎないか

5. こども小さくても在宅は可能か

6. 資料作成は進むか

7.地球に優しいのか

8. ロボットやAIはあると便利か

実際に感じたメリットとデメリットをまとめると。

<メリット>

  • 移動時間が少なくてすむ
  • 朝の集中力があるタイミングで仕事を開始できる

<デメリット>

  • 仕事時間が不規則

The following two tabs change content below.
投稿者アバター
櫻井 哲志
株式会社ネクストプレナーズ取締役。ネクストプレナーズの新サービスの事業開発を担当する。HR Techだけでなく、DX分野全般についてもサービスをリリースしています。
最新記事 by 櫻井 哲志 (全て見る)

働き方改革・人事制度に関するご相談は

  • 当社は、賃金・報酬制度、退職金・企業年金制度、社宅制度等の企業の制度設計コンサルティングだけではなく、業務改善、評価制度、社員教育、SDGs、RPA、AI-OCRなど働き方改革を支援しております。人事分野でお困りなことがございましたら、ご相談ください。

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。