働き方改革一覧

【解説】人気の福利厚生とトレンドについて徹底解説【法定外福利厚生】

今回は法定外福利厚生について、人気の福利厚生とトレンドを徹底解説します。自由度が高くトレンドも流動的であるが故に何を導入すればいいのか迷いがちな法定外福利厚生。他社はどんな福利厚生を用意しているのか、従業員はどのような福利厚生が望ましいと考えているのかを分析することで、自社の福利厚生の制度設計にお役立てください。

【解説】法定外福利厚生の種類と導入のポイント 

福利厚生には、従業員のモチベーションや企業への満足度の向上、従業員の定着率の向上など様々な効果が期待できます。中でも法定外福利厚生は企業が独自に導入種類や内容を決められるため、他社との差別化には欠かせません。今回は代表的な法定外福利厚生について、その種類と導入のポイントを紹介します。

【解説】電子契約とは?「脱ハンコ」で注目される電子契約

電子契約とは、契約書(紙)の交付に代えて、当事者の電子署名の付与により契約の締結を行うものです。脱ハンコを目指すべく、政府は多くの行政文書につき押印手続きの省略を検討しており、また一般企業においてもテレワークの普及等から電子契約の導入を検討する企業が増えています。今回は電子契約の概要、ベンダーや導入費用などを紹介します。

【解説】ノー残業デーの導入で経費削減・業務効率化を実現

ノー残業デーとは、定められた日に従業員の残業を制限し、定時で退社するように促す取り組みのことです。働き方改革に向けた取り組みの一部として厚生労働省も推奨しています。今回はノー残業デーの概要及びメリット・デメリット、そして形骸化しない運用のポイントを解説します。

【解説】リフレッシュ休暇制度とは?概要とメリット・デメリット

リフレッシュ休暇制度とは、企業が従業員に付与する法定外休暇(特別休暇)のひとつです。生産年齢人口の減少により採用難が続く昨今、社員のモチベーションや帰属意識を上げ、ひいては、業務効率を向上させられる制度として注目を集めています。今回はリフレッシュ休暇制度の概要から、メリット・デメリットまで解説いたします。

【解説】育児短時間勤務制度・介護のための短時間勤務制度等の措置とは?

育児短時間勤務制度・介護のための短時間勤務制度等の措置とは、何れも育児・介護休業法に定められた労働者の権利で、労働者が希望すれば、企業は短時間勤務制度等の措置を講じる必要があります。今回は育児・介護のための短時間勤務制度等について解説します。

【解説】働き方改革とは?概要と変遷、メリットまで

働き方改革とは、厚生労働省の定義によれば、「働く方々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で『選択』できるようにするための改革」です。働き方改革関連法は、大企業では2019年4月から、中小企業でも2020年4月から順次施行開始されています。今回は働き方改革とは?という概要から変遷・メリットまで解説いたします。

【解説】労働基準法の概要と変遷

労働基準法とは、労働条件に関する最低基準を定めた法律で、国家公務員等一部の方を除いて日本国内のすべての労働者に原則適用されます。2019年4月より働き方改革関連法案が順次施行されていますが、その中で労働基準法も改正・施行されています。本記事ではそんな労働基準法の概要と変遷を解説します。

【解説】労働施策総合推進法(パワハラ防止法)の概要と変遷

労働施策総合推進法(パワハラ防止法)とは、職場におけるパワーハラスメントを防止するための措置を企業に講じさせる法律です。2020年の改正では、企業がパワハラ防止措置を講じることが企業の義務となりました。今回の記事では、労働施策総合推進法の概要、変遷等、本法律の基本について解説いたします。