テレワーク助成金(東京都)申請の流れ

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。

テレワークはこれまでも働き方改革の一環として推奨されてきましたが、昨今の新型
コロナウイルスの感染拡大状況を受け、これまで以上に強く推奨・要請されています。

東京都では、都内の中堅・中小企業に対し、テレワーク環境を整備するための費用に対する
助成金「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金」を支給することを発表しました。

今回はこのテレワーク助成金の簡単な概要と申請の流れをご紹介します。
※具体的な対象・要件・申請方法等は、(公財)東京しごと財団のHP募集要項等をご確認ください。

Ⅰ.助成金の概要
  1.助成対象
  2.助成対象事業者
  3.助成金上限・助成率
  4.申請受付期間

Ⅱ.申請までの流れ
  1.「2020TDM推進プロジェクト」参加申し込み
  2.テレワーク実施による事業継続計画の策定
  3.導入機器・ツール選定
  4.支給申請書類作成
  5.申請書類提出(郵送のみ・5/12必着)

Ⅲ.まとめ

Ⅳ. リンク集(&募集要項目次)

Ⅰ.助成金の概要

1.助成対象
テレワークの導入に必要な以下の費用
・機器等の購入費 (例:パソコン・タブレット・VPNルーター等)
・機器の設置・設定費 (例:VPNルーター等、機器の設置・設定作業費等)
・保守委託等の業務委託料 (例:機器の保守費用等)
・導入機器等の導入時運用サポート費 (例:導入機器等の操作説明マニュアル作成費等)
・機器のリース料 (例:パソコンのリース料等)
・クラウドサービス等ツール利用料 (例:コミュニケーションツール使用料等)
  ※助成対象は、以上の中から、支給決定日以後に新たに取り組む事業に要した経費に
   限られるため、支給決定日前に取り組み及び支出があったものは対象外になります。
  ※その他助成対象詳細については募集要項内「Ⅲ.助成対象経費について」(10頁~13頁)

2.助成対象事業者
以下の要件をすべて満たしている者が対象
・常時雇用する労働者が2名以上かつ999名以下で、都内に本社または事業所を置く
中堅・中小企業等
・「2020TDM推進プロジェクト」に参加している企業
  ※その他詳しい要件は募集要項内「3 助成対象事業者の要件」(3頁~4頁)

3.助成金上限・助成率
・限度額:250万円
・助成率:10分の10

4.申請受付期間
・令和2年3月6日(金) ~ 令和2年5月 12 日(火) ※郵送による受付・締切日必着

Ⅱ.申請までの流れ

 ※申請後~助成金受給までの流れは募集要項参照

1.「2020TDM推進プロジェクト」参加申し込み
事業継続緊急対策(テレワーク)助成金の申請をするには、まずは都が実施する
「2020TDM推進プロジェクト」に参加する必要があります。
参加申込はこちらのフォームから行えます。

 ※本要件について、現在は下記の文章が掲載されているとおり、「参加申込」が
  されていれば足りるようです。
  「現在、大変多くの申込をいただいており、ホームページ上に参加企業の名称を掲載
   するまでに時間を要しています。 なお、FAXでの申し込みは、さらに手続きに
   時間を要しますので、お急ぎの場合は下記フォームから申し込みください。
   事業継続緊急対策(テレワーク)助成金への申請については、参加申し込みが
   なされていれば、ホームページ上に申請者の名前が反映される前でも申請が可能です。」

2.テレワーク実施による事業継続計画の策定
今回の新型コロナウイルス等感染症発生時に、テレワーク環境を整備することにより、
どのような業務や職種等について事業の継続が可能になるのかを検討します。

現状のままで継続できる事業、環境整備により継続できる事業、テレワークによる
継続は難しい事業が出てくると思うので、そのうち環境整備により継続できる事業に
ついては、どのような環境であれば継続可能なのかも検討しましょう。

また、テレワーク実施時の勤怠管理やコミュニケーションについても併せて
検討しておきます。

3.導入機器・ツール選定
現状の環境と、整備後の環境を比較し、整備後の環境にするために
必要な機器やツールを選定します。

現場の社員から、テレワークをするにあたり
①ないと困るもの
②あったら便利なもの
をヒアリングできるとピックアップがスムーズです。

助成対象経費は募集要項内別表1(10頁~11頁)に記載の中から選びます。
 ※助成対象外経費については同募集要項内12頁に記載があります。

4.支給申請書類作成
導入機器・ツールの選定をしたら、それらを下記申請書類に記載します。
申請書様式を(公財)東京しごと財団雇用環境整備課ホームページからダウンロード
してそれぞれ作成してください。

<提出する申請書類>
(1) 事業計画書 兼 支給申請書(様式第1-1号)
(2) 事業所一覧 (様式第1-1号別紙)
(3) テレワークを活用した事業継続及び従業員の安全確保にかかる計画(様式第1-2号)
(4) 誓約書(様式第2号)
(5) 助成対象事業者であることを確認するための書類
(6) 助成対象事業内容を確認するための書類
 ※詳細は募集要項内別表3(14頁~16頁)

5.申請書類提出(郵送のみ・5/12必着)
上記2で作成した書類を全て揃えたうえで、下記提出先まで郵送します。
申請書類提出前には、助成金チェックリストをご利用ください。
(チェックリストの提出は不要です。)

<申請書類の提出先>
(公財)東京しごと財団 雇用環境整備課 職場環境整備担当係
〒101-0065 千代田区西神田3-2-1 住友不動産千代田ファーストビル南館5階

電話番号:03-5211-2397(受付時間:平日9時~17 時 ※12 時~13 時を除く)

 ※必ず「事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 申請書類在中」と記載願います。
 ※記録が残る簡易書留等の方法により送付してください。
 ※申請受付期間は令和2年3月6日から令和2年5月12日まで(締切日必着)です。
  但し、予算の範囲を超える申請があった場合等、申請受付期間内でも受付を終了する
  ことがあります。
 ※申請に関しての注意事項は募集要項内「2 申請受付期間」(2頁)及び「6 申請方法 (3)申請に関しての注意事項」(6頁)

Ⅲ.まとめ

以上、東京都の実施するテレワーク助成金の申請までの流れをご紹介しました。
今回、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために各企業で急速に進んだテレワーク。
今後は感染症や東京オリンピック等の影響によらずとも、テレワークが当たり前に
なっていくことが想定されますので、今のうちに整備しておくことをお勧めします。

当社でも、2月末からテレワークを実施しております。
 ▼テレワーク、実施して分かったこと
https://www.nextpreneurs.com/blog/2020/03/24/telework/

テレワークを始めるにあたり、抱えていた不安や課題はどうだったか?
実際に実施してみて初めて気付いたメリットやデメリットは?
どのような工夫があれば上手くいくのか?

当社社員それぞれがテレワークを実施した感想をブログにしましたので
こちらも併せてご参考にしていただければと思います。

 ▼社員のテレワーク体験談
http://www.blog.nextpreneurs.com/workstyle/

 ▼新型コロナウイルスに関連した助成金などの情報はこちら
http://www.blog.nextpreneurs.com/news/post-1370/

Ⅳ.リンク集(&募集要項目次)

東京都の発表
(公財)東京しごと財団のHP
事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 募集要項※目次は本ページ下部
本助成金に関するよくあるお問い合わせ(3月10日掲載分)
本助成金に関するよくあるお問い合わせ
事業継続緊急対策(テレワーク)助成金支給要綱
事業継続緊急対策(テレワーク)助成金支給要領
「2020TDM推進プロジェクト」

事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 募集要項
目次
Ⅰ.事業継続緊急対策(テレワーク)助成金(以下「助成金」という。)に関すること(p1~p9)
1 助成事業の概要(p1~2)
(1) 助成金の対象事業(p1)
(2) 助成対象経費(p1)
(3) 助成限度額・助成率(p1)
(4) 助成事業の実施期間(p1)
(5) 助成事業の流れ(p2)
2 申請受付期間(p2)
3 助成対象事業者の要件(p3~4)
4 各種助成金等との併給調整(p5)
5 事業計画策定のポイント(p5)
6 申請方法(p5~6)
(1) 申請書様式の入手方法(p5)
(2) 申請提出書類について(p5)
(3) 申請に関しての注意事項(p6)
7 事業実施にあたっての注意点(p6)
8 支給決定について(p6)
9 事業計画を変更または中止する場合(p7)
10 実績報告(p7)
11 助成額の確定(p7)
12 助成額の確定後の手続き(助成金請求)(p7~p8)
13 助成金支給決定の取消、助成金の返還(p8)
14 助成事業完了後の注意事項(p8~9)
15 助成対象事業者(申請企業等)の情報取扱いについて(p9)
Ⅱ.助成事業の詳細内容(助成条件)(p10)
Ⅲ.助成対象経費について(p10~13)
■別表1 助成対象経費(科目・機器等)(p10~p12)
■別表2 助成対象外経費(p13)
Ⅳ.提出書類について(p14~p19)
■別表3 支給申請 提出書類および提出部数一覧表(p14~16)
■別表4-1 実績報告 提出書類および提出部数一覧表(p16~18)
■別表4-2 実績報告 履行確認のための書類(p19)
 ■別表5 助成金請求のための書類(p19)

The following two tabs change content below.
投稿者アバター
働き方改革サポ編集部
ネクストプレナーズは働き方改革の様々な提案を行っております。ブログによる情報発信に加えて,セミナーも開催しておりますので是非ご参加ください。

働き方改革・人事制度に関するご相談は

  • 当社は、賃金・報酬制度、退職金・企業年金制度、社宅制度等の企業の制度設計コンサルティングだけではなく、業務改善、評価制度、社員教育、SDGs、RPA、AI-OCRなど働き方改革を支援しております。人事分野でお困りなことがございましたら、ご相談ください。

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。