テレワークで生産性や効率を維持する秘訣「安定稼働」とコツ7選!

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。

テレワーク(イメージ図)

皆様、はじめまして。
いつもRPAやDXに関する記事をお読みいただいている皆様、こんにちは。
DX事業部でRPAコンサルタントを務めています石井です。

COVID-19は、誠に残念なことに、まだまだ全世界で猛威を奮っています。
本エントリー執筆時点では、緊急事態宣言で定めた期間は5/6までですが、延長の可能性も示唆されています。
しかし、緊急事態宣言の期間延長にかかわらず、テレワークの推進や3密回避の推奨は続くことでしょう。

昨日、経団連より、テレワーク・在宅勤務の実態調査がされました。
経団連、「テレワーク実施は97.8%」 在宅勤務者数は伸び悩み

調査対象が会員企業、企業数(1,470社)、企業の業種や職種などなどの理由から、本調査結果を鵜呑みにして一般化すべきではないでしょう。
しかし、一調査結果として参考にすると、COVID-19の影響により、テレワークを導入・実施している企業は増加していることが窺えます。

大多数の皆様にとって、初めてで不慣れなテレワークが長期化している中で、「やりにくさ」を感じている方は少なくないかと思います。

「生産性や効率が上がらず、仕事が捗らない……」
「テレワーク開始直後は、通勤や職場から解放されてモチベーションがアップしていたのに、今となっては……」

こんなお悩みをお持ちでないでしょうか?

以前のエントリーで、私は前職の事情でテレワークには慣れている方だという旨をお伝えしました。
そんな私でも、現在のテレワークの長期化により、少なからず疲労やストレスを感じています。
況や、初めてで不慣れな皆様をや、です。

そこで、本エントリーのタイトル ”テレワークで生産性や効率を維持する秘訣『安定稼働』とコツ7選!” をご紹介します!

1. 服を着替えて、朝の出勤準備をする
朝の出勤準備は、洗顔、歯磨き、髭剃り、メイクアップなどなど。
本来なら当然の習慣ですが、テレワークになってから毎朝行っていますか?
たかだか「服を着替えて、朝の出勤準備をする」だけでも、心身を仕事モードへと切り替える大切な習慣です。
個人的には、「服を着替えて、朝の出勤準備をする」ことが最重要とすら思うので、毎朝欠かさず続けましょう。

2. 生活リズム&勤務リズムを維持する
テレワークになったからと言って、生活リズム&勤務リズムを崩すのは悪手です。
テレワークになるだけでも生活リズム&勤務リズムに変化や負荷が生じているので、それ以外の変化は抑えましょう。
即ち、起床、勤務開始、勤務終了、就寝の時間は「いつも通り」で規則正しい生活を、です。

3. 通勤中の習慣を維持する
通勤中に行っていた習慣は、通勤がなくなっても維持しましょう。
例えば、本を読む、音楽を聴く、ゲームするなどなど、極力、通勤と同じ時間を取ってから勤務を開始しましょう。

私は、通勤が1.5時間弱かかるので、通勤中は「タブレットで電子書籍(小説)を読む」のが習慣でした。
テレワークになってからも、最低30分は小説を読んでから、出勤を開始しています。

4. 「安定稼働」を意識する
以上1-3の全て、本エントリーのタイトルで秘訣として挙げた「安定稼働」へ繋がるものです。
「テレワークだから捗る」や「テレワークだから捗らない」は、普段と比べて、上振れ or 下振れしている状態。
普段を振り返ると、「一時の上振れや下振れよりも、中長期での安定稼働」こそ重要視されていたかと思います。
「テレワークだから~」ではなく、「テレワークでも」いつも通りの安定稼働が、ベストな状態です。

ここまでコツを挙げると、いつも通り「オン(仕事)とオフ(プライベート)の切り替え」が大切なことは、ご推察いただけるかと思います。
すると、やはり理想は、仕事部屋とプライベートの部屋を分けられることですが、私自身も物理的に無理な環境です……。
そこで、日々簡単に取り組める「オン(仕事)とオフ(プライベート)の切り替え」のコツを続けてお伝えします!

5. 外の空気と日光を浴びる
不要不急の外出は自粛となっていますが、散歩はOKとされています。
また、むしろ(正しい方法での)換気は推奨されています。
散歩でも換気でも、自分にできる範囲で良いので、外の空気と日光を浴びましょう。
たかだか「外の空気と日光」と侮るなかれ。する or しない、では心身共に全く異なります。

ちなみに、日光に関しては(オフィスの立地にもよりますが)人によっては普段よりも浴びられます。
かく言う私もその一人で、おそらく人生を通しても稀有な日光浴の機会とも思っています。
機会があるなら活用しない手はないので、非日常の日光浴で、是非リラックスしましょう。

6. プライベートも維持する
出勤前、退勤後、休日のプライベートの時間も、いつも通り維持しましょう。
現在の社会状況ですと、プライベートにも制限が掛かっている方は少なくないかと思いますが、そこも自分にできる範囲で。

プライベート=趣味のアクティビティに取り組むこととは限らないので、一人静かにゴロゴロダラダラしたり、家族と話したりも立派な(?)プライベートです!

7. ちょっとした贅沢や無駄遣いを許す
但し、
・初めてで不慣れなテレワークが長期化している
・オン(仕事)とオフ(プライベート)共に制限が掛かっている
・日々のニュースは(ほとんど)暗いものばかり
・収束の見通しも全く立っていない
などなど、現在私達が置かれている状況は、いまだかつてない程にストレスフルです……。
ここで、無理まではしなくても頑張り過ぎて節制や我慢ばかりでは、いつか折れてしまうことは想像に難くありません。

そこで、ふと思い立った「ちょっとした贅沢や無駄遣い」は、今だからこそOKと心の声に素直に従い、ゴーサインを出しましょう。
勿論、個人個人の経済事情にもよるので、ノーシンキングは危険です&あくまでも「ちょっとした」です。
でも、普段なら押せなかった承認ボタンを押せると「ちょっとした」ストレス解消になり、その「ちょっとした」積み重ねが日々の糧になります。

私は、月1, 2回程度、COVID-19の影響で行き場をなくした特産品や地ビールを購入して、ちょっとした贅沢な食事を楽しんでいます。

以上、 ”テレワークで生産性や効率を維持する秘訣『安定稼働』とコツ7選!” をお伝えしました。

既に実施されていたコツもあるかもしれませんが、未実施のコツがあれば、是非やってみてください!
収束の見えない全世界規模での難局、私達は、私達の知恵、創意工夫、できる範囲で「いつも通り」生活していきましょう。

福利厚生や働き方改革をご支援してきた弊社としては、皆様と、皆様の大切な方々のご健康を第一に祈念しています。
既に私以外の従業員も含めてテレワークに関するエントリーを幾つも執筆している通り、弊社はテレワークに関するノウハウもございます。
テレワークのご相談やご支援も承れますので、ご入用の際はお声掛けください!

The following two tabs change content below.

石井卓巳

株式会社ネクストプレナーズの経営企画室とDX事業部に所属しています。 前職でAI、NLP、英語、教育学、統計学、心理学などの大学教員や研究者として勤務していた経験を活かして、現職ではDXやRPAのコンサルタント、エンジニア、講師として勤務しています。 RPAの有資格は、WinActor認定技術者(エキスパート級)やUiPath RPA Developer Advancedなど。

働き方改革・人事制度に関するご相談は

  • 当社は、賃金・報酬制度、退職金・企業年金制度、社宅制度などの様々な企業の制度設計コンサルティングだけではなく、業務改善、評価制度、社員教育、RPA、AI-OCRなど働き方改革を支援しております。人事分野でお困りなことがございましたら、ご相談ください。

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
       

03-4530-6033)

  • 資料請求
  •          
  • セミナーへのご参加