【解説】「マネージャー研修(マネジメント研修)」とは?研修内容や実施の際の注意点

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。

マネージャー研修 - 【解説】「マネージャー研修(マネジメント研修)」とは?研修内容や実施の際の注意点

「企業は人なり」という言葉があるように、企業経営において人材育成は企業の未来を創造するうえで重要なテーマとなります。
とりわけ、部長、課長クラスのマネージャーとなる人材を育てることは、企業業績の向上にも直結します。

しかし、いくらマネージャー研修を行っても、そのプログラムが画一的なもので、自社のマネージャーに必要な能力をカバーしていなければ研修の効果は半減してしまうでしょう。

今回は「マネージャー研修」に焦点を当てて、その概要、プログラム、実施の際の注意点などについて説明します。
これからマネージャー人材育成に取り組もうと考えている場合の参考としては勿論、自社のマネージャー研修をブラッシュアップするためにも、ぜひお役立てください。

関連記事

テレワークにより多くの会社で顕在化したマネジメント課題。この機会に最も効果的な方法でマネジメント力を強化し、強い組織を作り上げることができれば、組織の成長の大きなチャンスとなります。当社はが開催したオンラインセミナーをレポートします。

マネージャー研修の概要

マネージャー研修とは、部長、課長などの管理職に就いている社員もしくはこれから管理職になろうとしている人材を対象に行う研修です
マネジメント研修」や「管理職研修」とも呼ばれます。

マネージャー人材の育成はどの企業にとっても重要な課題ではありますが、「業務が多忙で人材育成に割く時間的余裕がない」、「上長の育成能力や指導意識が不足している」などの理由により、管理職向けの人材育成がなおざりにされている会社が散見されます。

このような事情から、一般の社内研修とは別に、管理職向けの研修プログラムを計画的・体系的に実施するのが「マネージャー研修」です。

マネージャー研修が重要視される理由

近年では、マネージャーの業務が多様化しているために、特にマネージャー研修が重要視されています。

業務マネジメントや部下の指導・評価のみならず、非正規社員やリモートワーク社員・外国人社員など多様化する雇用形態、DX(デジタル・トランスフォーメーション)等に対応した新しい業務システムの導入、メンタルヘルス等の労働問題など、管理職は日々さまざまな問題に直面しています。

しかし、多くのマネージャーがプレイングマネージャー化しており業務量も以前に比べ格段に増加していることなどが原因で、十分なマネジメントが行えず、最低限日々の業務をこなすことだけが目的になってしまっていることもしばしばです。

そこで、体系立ったプログラムによってマネージャー研修を行うことにより、マネージャーにその役割と求められる知識・スキル、業務内容を明確に認識させて、現状を変革していく能力を身につけさせることが肝要となります。

マネージャー研修の目的

マネージャーは、任された部(課)の目標達成のための戦略を自ら立案し、それを実行するべく部下の業務を管理した上で適切な指示を与えることで、事業を推進する役割を担っています。
そのような役割を果たす資質となる以下の知識・スキル・マインドを磨き上げることがマネージャー研修の目的です。

マネージャーとしての自覚を持たせる

自ら業績を上げることについての実績は申し分ないものの、マネージャーとして部下を統率し一定の成果を上げることについては苦手な社員がいます。

その理由の一つとして、マネジメント層に加わったという自覚が足りないことが挙げられます。

部署に与えられた目標を、部員の業務遂行によって達成するという責任感がマネージャーに欠如していると、組織力が発揮されずに、部署の生産性が上がっていきません。
そのため、まずは管理者としてのマインドセットが重要となります。

マネージャーの業務を理解させる

マネージャーとしての業務内容は、単に自らが売上に貢献したり、業務を遂行したりすることではありません。
組織として目標達成するための戦略を日々の行動に落とし込み、業務を部下に振り分けて進捗を管理し、さらにフィードバックを与えて業務の改善を図るというサイクルを回していくことが、具体的なマネジメントの内容となります。

さらに、上層部からの情報を部下にわかりやすく迅速に伝えて、会社全体の方向性を統一させることもマネージャーの務めです。

多くの新任マネージャーは業務内容を十分に理解していないために、部下だったころの延長線上で物事を考えがちです。
新任マネージャーが、「マネージャーに就任した=今までとは異なる性質を持つ新たな任務が課された」という認識を持ったうえで、その内容についてマネージャー研修でしっかりと学ぶことができる体制を整えることが重要です。

コミュニケーションスキル・リーダーシップを醸成する

マネージャーにとってコミュニケーションスキルとリーダーシップ能力は必須のスキルといえます。

新任マネージャーの中には、管理職に就いたことによって権威や権力が与えられたと勘違いする人がいます。
しかし、組織を動かすためには権威に服従させるのではなく、コミュニケーションによって自分の考えを理解させ、リーダーシップを発揮して組織を統率していくことが大切になってきます。

そのためにも、部下とコミュニケーションをとるのに充分なスキルや、どのようにリーダーシップを発揮するのが適切なのか等をマネージャー研修の場で学習してもらう必要があります。

マネージャー研修のプログラム例

マネージャー研修2 - 【解説】「マネージャー研修(マネジメント研修)」とは?研修内容や実施の際の注意点

マネージャーの職務内容や必要とされる知識・スキルは多岐にわたるため、すべてを網羅するプログラムを作成するには時間がかかりすぎるきらいがあります。
そこで、多くの企業は「階層別研修」や「スキル別(テーマ別)研修」から、自社の管理職人材に最も足りない部分を補う形で選択し、研修を実施しています。

また、これらのプログラムはサービスとして提供されているため、自社で行うにはリソースが足りない、担当者によってどうしてもレベルが異なってしまうなどの理由から、マネージャー研修をアウトソーシングしている企業も多いです。

アウトソーシング先は、例えばSMBCコンサルティングのマネジメント研修リクルートマネジメントスクールの管理職研修・マネジメント研修などをはじめ、多くの会社・多くの種類があります。

階層別研修

マネージャー研修における「階層別研修」とは、「新任マネージャー向け」、「部長・経営者層向け」、あるいは年齢別など、管理職の階層に分けて行う方式の研修を指します。
特定の知識・スキルについての講義というよりは、同じ立場の人たちとのコミュニケーションやディスカッションを通じて自分を客観的にとらえ、管理職としてのマインドやリーダーシップ、チームビルディングについて学習することを目的とした内容であることが多いです。

マネージャーに求められる資質や部下との接し方、経営ビジョン・戦略の策定については、新任課長と経営層では大きく異なるため、階層を分けて研修を実施したほうが効果的とされています。

スキル別(テーマ別)研修

スキル別(テーマ別)研修は、知識やスキルの習得に焦点を当てた研修です。
労働問題・コンプライアンス研修、MBAスクーリング研修、人事評価スキル研修、目標設定・経営マネジメント研修など、テーマに絞った研修を行います。

単なる座学による情報のインプットだけではなく、基本的な知識を習得したうえで、自分の部署に当てはめて考えるとどのような施策が実施可能なのかというところまで落とし込むことまでを研修の目的としていることが多いです。

マネージャー研修を実施する際の注意点

マネージャー研修を実のあるものにするためには、入念な準備が必要です。
特に以下の点については、事前に参加者に資料を配布する、オリエンテーションを開催するなどして、研修の目的を明確にすることが重要になってきます。

求められる管理職人材像を明確に設定する

企業が求める「管理職人材像」とはどのような人材を指すのかという点について、トップ層からマネージャーに伝達することで、求められている行動等が明確になり、進むべき方向性も明確になります。
各マネージャーが会社のビジョンに従った管理職人材像を意識して行動することで、会社全体としてビジョンが共有されるようになり、組織力が高まります。

研修のゴールの設定を明確にする

マネージャー研修の最終的な目的は、研修内容を日々の行動・業務推進に役立てることです。
単なる問題の洗い出しや愚痴の言い合いに終わらないよう、どのように日常業務に落とし込むのかという実施計画を策定させる研修内容をプログラムすることが重要です。

精神論に拘泥しない

一部のマネージャー研修ではいまだに精神論・根性論が先行し、日常業務にあまり結びつきのないプログラムが組まれていることがあるようです。
管理職研修マネジメント会社の助けを借りるときにも、そのカリキュラムの内容を吟味することが必要です。

特に若年層は具体的な行動に結びつくような研修内容を期待している傾向があるため、精神論ベースの研修では、かえってモチベーションを下げてしまいかねません。

マネージャー研修を通じてトップのメッセージを伝える

マネージャー研修に力を入れることは、将来コア人材となりうる社員を育成するだけではなく、会社が社員を大切に思う気持ちを伝える手段でもあります。
中には、社員の定着率が悪く、マネージャー研修をしてもすぐに退職してしまうことを懸念して、マネージャー研修に労力と資金を割くことを躊躇している経営者もいるようですが、きちんとトップから社員にメッセージを届け、会社の理念を、研修を通じて浸透させることで、全社の一体感が生まれ、社員の定着率アップにもつながります。
ぜひこの機会に自社のマネージャー研修を見直してみてはいかがでしょうか。

また、マネージャー育成については以下のコラムも併せてご確認ください。

当社では社会情勢を考慮して2020年2月~3月にかけて『テレワーク期間』を2回設けましたが、その後3月末~5月末まで正式にテレワークを実施しました。今回はテレワークで各社が困っている組織作りについてまとめてみたいと思いま...
首都圏などでも緊急事態宣言が解除されましたが、withコロナ時代は引き続き在宅勤務・テレワークに注目が集まるでしょう。働き方の変更でマネジメントも変えないといけない?果たしてそうでしょうか?本稿から数回に分けてマネジメン...

企業研修についても、他にもテーマ別に解説しています。

企業研修における「eラーニング」とは、オンラインで社員に教育コンテンツを提供する教育システムのことです。研修の効率化は以前から多くの企業の課題ですが、昨今は在宅ワークが増えたことなどから、より効率的な研修が求められています。今回は、社内研修を効率的に進める手段のひとつである「eラーニング」について解説していきます。
「ブレンデッドラーニング」とは、eラーニングによる個別学習と集合研修・実地研修を組み合わせて行う研修方法です。eラーニングと集合研修の双方のメリットを調和させながら、受講者の継続的な学習を促すことが目的です。今回はブレンデッドラーニングの概要とメリット・デメリット、導入の注意点を解説していきます。
「オンライン研修」とは、Web会議システムを利用し、遠隔で企業研修を実施する研修方法です。在宅ワーク中の社員の研修には必須ともいえます。今回はそんなオンライン研修の活用方法について、その概要、メリット・デメリットを開設するとともに、オンライン研修をより効果的なものにする方法を紹介します。
「マイクロラーニング」とは、いつでもどこでも効率的に学習できる教育・研修方法です。在宅勤務に伴い、研修もオンライン化したものの、集中力が続かない、学習が定着しないなどの理由でなかなか功を奏さないという企業も多いようです。今回はそんな研修の課題を解決するマイクロラーニングについてその概要、効果的な導入方法などを解説します。
The following two tabs change content below.
【解説】「マネージャー研修(マネジメント研修)」とは?研修内容や実施の際の注意点 - 【解説】「マネージャー研修(マネジメント研修)」とは?研修内容や実施の際の注意点
働き方改革サポ編集部
ネクストプレナーズは働き方改革の様々な提案を行っております。ブログによる情報発信に加えて,セミナーも開催しておりますので是非ご参加ください。

働き方改革・人事制度に関するご相談は

  • 当社は、賃金・報酬制度、退職金・企業年金制度、社宅制度等の企業の制度設計コンサルティングだけではなく、業務改善、評価制度、社員教育、SDGs、RPA、AI-OCRなど働き方改革を支援しております。人事分野でお困りなことがございましたら、ご相談ください。

この記事が役立ったら、シェアをお願いします。